ホログラムは壁にはめ込まれたスピーカーの
柔らかな|弦《げん》の音に反応して

笑ったり、|美酒《びしゅ》をすする|振《ふ》りをした。


まるでそこに”彼”が存在して、生きている|様《さま》を見るようだった。


Nはグリンドゥチェアから身を乗り出してその様を見つめるが

ホログラムに|触《ふ》れるとその様は
先ほどのように乱れ、形を失うので

|眺《なが》めるだけで自分を|収《おさ》めるしかなかった。


ある時彼の幻が
愛の言葉をつい|囁《ささ》やいた。


それは
|相変《あいかわ》らず


|壁《かべ》からの音楽に反応したに過ぎないが

Nは|堪《こら》えきれず彼を抱きしめた。


その|瞬間《しゅんかん》にNは
ホログラムの彼のデータを|収《おさ》めたブラックボックスを|踏《ふ》みしめてしまい




彼は|永遠《えいえん》に|消《き》えた。」">

ホログラムは壁にはめ込まれたスピーカーの
柔らかな|弦《げん》の音に反応して

笑ったり、|美酒《びしゅ》をすする|振《ふ》りをした。


まるでそこに”彼”が存在して、生きている|様《さま》を見るようだった。


Nはグリンドゥチェアから身を乗り出してその様を見つめるが

ホログラムに|触《ふ》れるとその様は
先ほどのように乱れ、形を失うので

|眺《なが》めるだけで自分を|収《おさ》めるしかなかった。


ある時彼の幻が
愛の言葉をつい|囁《ささ》やいた。


それは
|相変《あいかわ》らず


|壁《かべ》からの音楽に反応したに過ぎないが

Nは|堪《こら》えきれず彼を抱きしめた。


その|瞬間《しゅんかん》にNは
ホログラムの彼のデータを|収《おさ》めたブラックボックスを|踏《ふ》みしめてしまい




彼は|永遠《えいえん》に|消《き》えた。」">